数日前に未使用の年賀はがきを切手に交換しようと郵便局に行った時に聞かれました。

「もう数日で当選番号発表になりますが、よろしいですか?」

景品に交換出来るのは家に届いた年賀はがきだけだと思っていました。

まあでも交換してしまいましたとさ。

ひょっとして一等有ったりして(^_^;)

年賀状の抽選が何枚か當つたが、珍しいと云ふか多分初めて貼附切手が當つた。

無論末等だが、大抵は官製年賀端書で私製に御年玉附の切手を貼附して來る人は毎年一、二名しかゐない。

だから確率的には多分三等よりも低いのでは無いかと思ふ。

仕事をしてゐた頃は通數も多かつたから三等は時々當つた。

今は半減と云ふか曾ての三割程度だらうから末等すら碌に中らないので尚更珍しい。
舊臘の寳籤も有るし多分今年の幸先が良いのだと思ふ事にしよう