昨日ようやく年賀状整理を終えた。
新居での二回めのお正月。転居通知を出して一年半たつにもかかわらず、旧住所から戻ってきたので送り直しましたと添え書きされたものもまだあった。
それはいいとしても。
旧住所に新住所を大胆につなげたものとか、郵便番号が旧のものとか、完璧に機械任せなら届いてないだろうと思うものが無事に届いているのを見るにつけ、温かみとありがたみを痛感する。

そっか‥来年からはかもめ~ると同じ値段になるのですね。
それで赤字幅が縮小されて、働く人たちの処遇に還元されたらいいな。

さて。添え書き読んで、切手を貼って返事したくなったものが相当数あるのだけど、どうしようかね。

テレビの画面の赤い字や緊迫した雑音、繰り返される緊張感いっぱいのアナウンスに、最初はコワイコワイと言うしかなかった。
けれど、そこには、もう311みたいな悲しい思いはしたくないという強い気持ち、命ひとつたりとも失うまいという深い愛が次第に感じられるようになり、尊さに胸打たれて泣きそうになりました。
早朝から皆さんお疲れさまでした。
どうぞ今夜はゆっくり休んでいただきたい。
余震なんか要らない。